宮古島でのんびり旅行をしてみませんか?レンタカーを借りてぶらぶらドライブなんていうのも良いですね。

宮古島観光を満喫したいならば、レンタカーは必須!

ytjys
宮古島は沖縄県からさら南西290キロの位置にあります。飛行機で那覇空港から50分で行けます。朝は7時半ごほの飛行機でいけますし、帰りは19時台の飛行機で沖縄へ帰ってこれます。1日のほんすうも多くて、ほぼ毎時刻飛んでいます。これだけ本数も多いと、かなり行き来もしやすくて便利な状況となっています。それだけ宮古島は、離島でありながらも、沖縄に近い存在でありまた重要とも言えます。そして、観光しやすい離島とも言えるでしょう。

宮古島の気候は

gsrhtsrh
宮古島は、やはり沖縄本島と同じく亜熱帯性海洋気候に属していて、かなり温暖です。冬も寒くても17℃くらいが多く、夏場は31℃くらいとなっております。5月中旬から6月中旬頃が梅雨の時期となっています。梅雨明けからはかなり暑い日が続きます。またここ最近になって台風も直撃することも増えたようにも思えます。台風も早ければ5月末にくることもありますが、6~8月が多くなっています。本土だと9~10月なので台風が当たる時期は、本土よりはひと足早めとなっています。観光シーズンが6~9月なので、観光に来たのに帰りは台風にあたって飛行機が飛ばないなんて、観光客も毎年でているくらいです。
冬も本土に比べれば暖かいので、2月などはよくプロ野球の球団や他のスポーツ選手などがトレーニングなどでやってきます。それを見にさらに観光客もやって来ると言う構図ができています。あと、冬場でもダイビングをする観光客もやってきます。今だと、冬の沖縄はまた飛行機が空くので、その時期を狙うダイバーの数も増えています。それは宮古島でも同じようになっているのです。
あと、4月になれぱ宮古島トライアスロンもあり多くの鉄人たちが、島を訪れます。毎年島の人たちがボランティアとして、大会を支えており、島の一大イベントとなっております。もう4月になれば暖かくて、スポーツもしやすいうことでしょう。

宮古島観光も盛ん

こんな気候ですので、やはり宮古島の観光もかなり盛んです。27年度の統計によれば27年4~12月までの宮古島への観光客は39万人を突破しており、前年の同時期をかなり上回っています。これからも観光客の増加を見込めているといえます。
それもやはり景色がキレイと言うこともあるのでしょう。代表的な観光スポットとしては、東平安名崎があります。平良市から、約40分ほどで行けるポイントです。海の景色を楽しめますし、夕方だと夕日が美しく見えます。また灯台もあり、さらにそこに上って、景色を一望することもできます。この東平安名崎のようにあちこちに観光スポットがあります。しかも、車でならば、1日であちこちの観光スポットを回ることもできます。宮古島へ土曜日の朝にやって来て、1日かけてかくちをみてまわり、日曜日に帰るなんてことも可能です。週末にのんびり宮古島を満喫して、リフレッシュをするなんて人もでてきています。それも宮古島が行きやすく、観光も盛んだからこそできることとも言えるでしょう。

宮古島へ来たらレンタカーは、必須

そんな宮古島観光では、重要になってくるのはレンタカーでしょう。宮古島も公共機関もバスもありますし、またタクシーも多いです。しかし、これらを使うと料金もかかりますし、移動するタイミングもバスだと、時間を合わせないといけません。本数も限られたらすると、なかなか予定をこなせなかったりするかもしれません。タクシーも借りきるなどもありますが、やはり料金もありますし、平良市から離れると場所によっては拾いにくいのも出てくるでしょう。観光スポットならばすぐに来てくれもするでしょうが、やはり移動のしにくさも感じるかもしれません。
これらを考えると、やはりレンタカーを借りた方がよりスムーズに観光しやすいとも言えるでしょう。観光シーズンだと、1万2千円からが相場とも言われています。1泊2日でこの値段ですので、人数で割ればそれほどかもしれません。オフシーズンだと5千円前後となります。日帰りの場合だとさらに安くなって3千円くらいからでも借りることもできます。朝、宮古島へやって来て、夜に帰ると言う人だと、それほどレンタカーの料金も負担を感じないでしょう。
レンタカーも軽自動車から、ミニバンやバン、エコカーなど種類も増えました。これならば人数が多くなっても大丈夫ですし、運転初心者やまたペーパードライバーでも車を運転しやすいものが選べるので安心することができます。今だと、宿泊パックとして、レンタカーがついている場合もあります。この場合には車種が選べないので注意は必要です。レンタカー宮古島会社に確認をしましょう。
やはりレンタカーを選ぶポイントとしては、人数があります。人数が3人以下だと、運転しやすい軽自動車が良さそうです。カップルならば軽自動車でも十分でしょう。またレンタカーに慣れていない人やペーパードライバーにも軽自動車はおすすめです。今の軽自動車でも新しいものだと、運転もしやすく、また中も広いのでそんなに窮屈な感じもありません。宮古島は山はないので、軽自動車でパワー不足をかんじるなんてこともほとんどないでしょう。
もう少しランクをあげてみたいとなれば、エコカーなどもあり、それを利用するといいでしょう。エコカーだと静かだからと、小さな家族連れも利用することが増えています。走っていても静かだから、小さなお子さんも寝やすいなんてメリットもあるようです。もちろん、燃費がよいので短期間ならば、あまりガソリンを気にせずとも観光が楽しめるメリットもあります。
また、人数が6人以上となると、ミニバンなどがよいでしょう。レンタカーを分ける手もありますが、やはりもう1台をまったり、気にしなければならないので大変です。みんな入れるサイズのレンタカー通いでしょう。運転はたいてい大丈夫ですので、あとは駐車が気になるところです。レンタカー会社によっては、運転歴を問うケースもあり、運転初心者は利用できないプランもあります。予約時にはよく内容を確認しておきましょう。しかし、借りることができれば1大でみんなで、わいわいと楽しく盛り上がって、観光を楽しめそうです。

最後に

子ページにて、レンタカーについて詳しく説明をしています。宮古島観光では、やはりレンタカーは必須です。ぜひレンタカーを借りて、宮古島を大いに楽しみましょう。

アーカイブ

宮古島レンタカー
PAGE TOP