宮古島レンタカーで車をぶつけられてしまったら

普段の生活でも、事故に巻き壊れる可能性はいつでもあります。自分で車をぶつけてしまうケースもよくありますが、その一方でぶつけられるなんてケースもあります。

レンタカーを他の人にぶつけられてしまったら

宮古島レンタカーでも、やはり他の人にぶつけられてしまう可能性はあります。そんなときは、どうしたらいいのでしょうか。やはりぶつけられてしまったし、そんなに目立たなければその場でつい示談なんてしがちです。さらに観光の予定もあったりすると、早く終わらしたいと言う心理も働き勝ちになります。しかし、示談をしてはいけまさん。その場はよくても、レンタカー会社とトラブルになる可能性が高いです。示談はせずに、警察へ連絡をしましょう。またレンタカー会社にも連絡をして指示を仰ぎましょう。
もちろん、相手との連絡先を交換し、レンタカーであることや自分の連絡先も交換をしておきましょう。

そして返すときに、ぶつけられてしまった場合の対処をします。ぶつけられてしまったとはいえ、そのためにまずノンオペレーションチャージを支払うことになるでしょう。その場合も車が動けば2万円となり、動かない場合には5万円となります。あとは、修理に関する費用も支払うこととなります。5万円以内の金額となるでしょう。
ちなみに、これはすでに自分をぶつけられてしまったことがわかる場合です。駐車場で実は他の車にぶつけられてしまって傷がついても、借りた人が気づかないなんてケースもあります。返すときに指摘をされて支払うことになることもあります。またトラブルとして、返すときはオーケーだったのに後日傷ついていたのを見つけたから、支払いを求められることもあります。ですので、後から請求されないように返すときにはかならず、しっかりと隅々まで確認させましょう。それで請求されたら、断ることも考えてもいいかもしれません。

最後に

ぶつけられたときの対処もやはり、あらかじめレンタカー会社で説明を受けるようにしましょう。あとは運転や特に駐車場では、ぶつけられないように気をつけましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

宮古島レンタカー
PAGE TOP